ひゅーんの知ってるヘッドフォーーんの世界(1)

今日はマツコの知らない世界で取り上げられたヘッドフォンについて語ってみる。

1.HD-650(スタッフがつけていたヘッドフォンである)

今回はよく比較されるHD-598 (通称プリン)も一緒に語るよー。

 

// HD-598

http://www.e-earphone.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=002013000045&search=%A3%E8%A3%E4%A3%B5%A3%B9%A3%B8&sort=recommend

// HD-650

http://www.e-earphone.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=002013000008&search=hd+650&sort=recommend

 

・外見

プリンはその名の通りプリン色でチープさがでているがそこがいい!!

という人もいるらしい…w

650は全体的にメタっリックで高級感が高い。

好き嫌いはあると思うが自分は割りと気に入ってます

 

・装着感

外観の大きさはさほど変わらないがプリンは装着感が緩いため、音漏れが心配だ。650は逆に側圧がめっちゃ高い為、遮音性が高く主は1時間で頭が痛くなった。

あと両機とも重量250gを超えるため長時間の使用は首が痛くなる。

 

音質

まず、プリンののインピーダンス50Ωに対して650は300Ωもあるので音量は取りずらいのでアンプは必須だろう。

プリンは良く言えばどんなジャンルにも対応できるが悪く言えば音が平で味気がない印象をだった。

650はプリンより音場が広く低音もずんずん鳴らしてくれる。

番組のeイヤホンスタッフはリケーブルしていたが、しなくても全く不便はない。

 

・取り回し

ケーブルは両方とも3.0mでプリンが片出し、650は両方出しなので取り回しならプリンが勝る。